So-net無料ブログ作成
検索選択

希望は社内SE [転職活動]

これまでも書いてきたように、この頃で一番志望度の高い職種は社内SEでした。
転職サイトを見ていても、どうしても社内SEという言葉に反応し、応募条件で年齢制限があるところでも応募出来るかどうか検討してみたり、人材紹介会社の方にも社内SEの求人がないか何度も確認したりしていました。

11月4日、インテリジェンスの面談から帰宅後、時間はあまりなかったのですが、社内SE求人1社を含めて4社に応募しました。


まず、個人的にはたまに気になる求人が出てくるマイナビ転職からは1社応募です。

・電気事業会社グループのシステム会社
 システムエンジニア

ここは正直業務内容はよく分かっていないまま応募したのですが、結果が出るのに約2週間かかった後、書類選考NGになってしまいました。


あいかわらず社内SEでの応募が多いenジャパンからは1社。
期待の社内SEです。

・某予備校グループのシステム会社
 社内SE

ここはかなり期待していました。
業務内容にも非常に興味を持っていたし、求人記事を見る限りでは働きやすそうな感じを受けていました。
そわそわしながら結果を待っていましたが、数日後一次面接の案内が届きました。
気になる一次面接は11月21日になりました。


PROSEEKから求人紹介メールが届いた中からちょっとハードルが高いなと思いつつも応募したのは1社。

・ネットワークインフラに強いIT企業
 アプリケーションSE

ハードルが高いと思ったのは、これまで鬼門であったネットワーク関連の会社であり、職種はアプリケーションSEとはいえネットワーク関連知識も必要とされると思っていたので。
約1週間後、「現行の案件に即戦力で入るには難しい」とのことでPROSEEKから連絡がありました。


前日に面談を終えたばかりのインテリジェンスの紹介から1社。

・BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業に中心を置く東証一部上場IT企業
 アプリケーションエンジニア

「オープン系の開発経験のある方」という非常に幅広い応募条件だったので応募しました。
人材紹介会社経由ということで選んでくれた求人であり、期待はある程度してはいたのですが、約1週間後に「年齢を考慮すると、汎用系もしくはネットワーク系のポジションしかオープンしておらず、ポジションが用意出来ない為に見送りとさせてください」ということでした。
。。。そもそもこうゆうことって人材紹介会社であれば事前に分かっていたことだと思うんですけどね。
このことでインテリジェンスにはあまり期待しないことにしました。


結果的に社内SEの応募が1社面接へと進むことが出来ました。
翌日からWeekDayは面接が続きます。
1日たりとも気が抜けない時期でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

インテリジェンス [転職活動]

連休明けの11月4日。
この日はインテリジェンスの面談の予定が入っていました。

この時期特に思っていたのは。。。転職活動中の連休って全く意味がないし、企業も人材支援サービスも休みだから非常に迷惑に思っていました。
就職した今となっては連休はとっても嬉しい休みなんですけどね。


インテリジェンスは、パソナキャリアとほぼ同じ場所にあります。
こちらも綺麗なオフィスで、さすが大手人材紹介会社という感じでした。

この日も人材紹介会社のサービス紹介→私のキャリアの確認→待ち時間があって数件の非公開求人の紹介という流れという予想通りの展開でした。
キャリアアドバイザーは男性。
結構経験が長そうな方だったので安心はしてました。
。。。が、やはり女性の方がいろいろと話しやすいですね。
男性だと企業の面接のような感じがしてしまって、思っていることが全て言えなかったりします。

DODAも非公開求人が多いのと、サイトに公開している求人で直接応募出来ない求人であっても、面談を受けた後であればキャリアアドバイザー経由で応募出来るということもあってかなり期待をしていました。

が、少し期待外れでした。
紹介してもらった求人は他の人材紹介会社に紹介してもらった求人と重複しているものが多く、重複していない求人も小規模の求人や逆にかなりハードルが高い求人など、あまり私の考えている条件を理解してもらえなかった感じを受けました。

それでもこれでまた1つ求人を紹介してもらえる道が増えたので、この後の活動には役に立つと思っていました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

求人応募の再開 [転職活動]

1日ゆっくりして、翌日。
転職活動は11月に突入しました。
無職での活動もはや4か月目に入りました。
10月28日に応募して以来、4日ぶりの応募です。
面接をこなしながらということと、10月28日までにかなり多く応募したので、さすがに応募数は激減。
この日は3社への応募のみでした。

まずはenジャパン。

ホテルスクール運営する財団法人
 社内SE

財団法人というちょっと変わった求人ですが、ホテルという旅行業界に関連する業種であることと、社内SEの募集ということで期待をこめて応募しました。
応募条件もそれほど言語や経験に厳しくなかった為に、面接まではいってくれるかなぁと甘い期待をしていたのですが、意外にもあっさり書類選考NGの連絡がきました。


応募出来るかなと思う企業があれだけ多かったリクナビNEXTもここのところめっきり減って、この日の応募も1社のみ。

クレジットカードカードローン大手グループのシステム会社
 開発エンジニア

業種は金融系ということでちょっと厳しい感じもありましたが、100%自社内での開発ということに魅力を感じて応募しました。

。。。すぐに書類選考NGの連絡がきました。厳しい。。。


マイナビ転職からも1社。
これがこの日の最後の応募です。

・人材派遣会社
 社内SE

ここも社内SEということで、求人記事を読めば読むほど入社意欲が高まりました。
転職活動リニューアル当初の気持ちである、大手か安定した企業で・・・という気持ちは変わっていなかったものの、この頃には社内SEとか自社内勤務とか、客先常駐でない形態への興味や意欲が強くなっていました。

4日後、待望の連絡がっ!
「是非、面接をさせて頂きたい」との連絡がありました。
お決まりの言葉とはいえ、「是非」と言われると嬉しいものがあります。
他にも面接待ちが多々ありましたが、一気に志望度1位になりました。

面接は11月10日。
俄然気合が入りました。


土日をはさんで明け11月4日はDODAの転職支援サービスを運営するインテリジェンスの面談です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

いつもと違う面接 [転職活動]

10月30日、この日は2つ一次面接が入っていました。

まずは1つ目、リクルートのグループ会社の面接を受ける為に、自宅から約2時間かけて面接会場へ。
こんなに遠いと通勤がきついなぁと思いながら、それでも一歩踏み出すためにはと面接に臨みました。

オフィスは非常に静か。
オフィスというより、なんか応接室しかないような感じ。
なんかいつもとちょっと違うなと思いつつ、面接シートに記入して、その後会社説明と面接。
話をしたり聞いたりしているうちに違和感の正体が分かりました。
この会社、技術者派遣の会社でした。

道理でスキルシートのようなものを書かされるし、面接といっても私自身についての質問やこれまでの職歴の確認といったことは一切なく、いきなり派遣先の確認。
この時点で既に意欲が薄れてきて、派遣先で最も適しているのがオフィスから更に30分以上先の場所と聞いて、こりゃダメだと思いました。

最後に他の事務所でも探してみるけどどうするかと聞かれましたが、辞退しました。
一番の理由は希望している勤務形態とのギャップでした。


午後からの面接までは結構時間がありましたが、かなり離れていたので、まずは移動。
2つ目の面接は東証一部上場のIT企業。
駅に隣接するビル内にあり、大きな会社です。

ここでは筆記試験、適性検査はなく、面接のみ。
面接は途中まではスムーズに進んでいたのですが。。。
やはり経験というところになるとかなり厳しいとの言葉がありました。
それでも人事の方はその場で真剣に検討して頂いて、当初検証エンジニアとしての募集だったのですが、他の部署で、少し遠いが旅行関係の案件を行っているところがあるので聞いてみる、という形で面接は終わりました。

かすかな希望が残ったのですが、その部署では当時人材募集をしていなかった為、結局のところNGとなりました。
大手で、安定した会社で、過去の業界経験を活かせる職場ということで、かなり希望は持っていたので非常に残念でした。

翌31日は面接の予定はなし。
キャリアアドバイザーとの面談や企業の面接が続いたこともあり、翌日は応募もせずに家族と一緒に過ごすことにしました。
無職が続き、気持ちが張り詰めていて、精神的に少しまいっていたので、気分転換として転職のことを考えない日が必要でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

パソナキャリア [転職活動]

10月29日はパソナキャリアでの面談の予定が入っていました。
面談に行かないと求人を紹介してもらえないのですが、大手町まで行かないといけないので大変です。
ハローワークでの失業手続きすらしていないので無収入の身。
往復の電車賃が結構痛かったです。

場所は新丸の内ビルディングの14階。
オフィスは非常に綺麗で広い。
この時期の不況もあってか私の前にも後にも多くの転職者が来社していて、受付のところで担当のキャリアアドバイザーが来るのを待っていました。

私はというと、キャリアアドバイザーとしては電話コンサルのみで求人の紹介をしてもらえているPROSEEKも含めると4社目。(この時点でDODAはまだ面談前)
パソナキャリア独自の非公開求人にかなりの期待を寄せていました。

担当のキャリアアドバイザーは女性の方。
リクルートはいつも男性ですが、@typeは担当になった二人とも女性。
こういう業界って結構女性が多いのでしょうか。
いろいろ現在の転職市場の状況を聞いたり、日頃溜まっていた気持ちを話したりして、少しだけですが気が晴れました。

こういった面談ではどこでもそうなのですが、面談後少し待った後、その場でいくつか求人を紹介してもらえます。
この時も5社~10社くらい紹介してもらえたと思います。
もちろんその場で応募を依頼することも出来るのですが、私の場合は企業のHPもじっくり確認してから応募をしたいと思っていたので持ち帰って検討することにしました。


この日は他に予定もなかったのですが、翌30日には面接が2つ入っていたので、さっと見ただけで応募依頼もしませんでした。

ところが。。。11月上旬は既に面接ラッシュ。
面接準備に追われ、結局パソナキャリアの求人を本格的に検討を始めるのは11月中旬頃になってしまいました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

@typeからのメール [転職活動]

@typeは応募すると受付完了メッセージが届き、企業によってはわざわざ「受け付けました」メッセージを送ってくるところもあり、結果についても@type経由で届きます。

私が応募した企業では@typeを経由せず直接メールを送ってきたところはありませんでした。
応募者のメールアドレスを企業に開示していないのか、@typeのシステムがよっぽど便利なのか。。。

そんな@typeのメールを見ていて気付いたことがあります。
ブログを書く為に時系列にメールを確認していたところ、@typeから来た書類選考NGのメールを見ていた時。。。ん!?文章が似ているな、と思って、書類選考NGのメールを並べてみました。


お、同じだ、一字一句企業名だけ変わっているだけでまるっきり一緒の文面だ。。。
「誠に心苦しい限りではございますが。。。」というところまで同じじゃないですか。
受け取る側の私も当時は全く気付いていませんでした。
普通はNGメールなんて見直さないでしょうし。。。というか残さないし。

こういった転職サイトでは、自動返信やスカウトメールまで自動送信なんてところもあったりするのですが、まさかNG連絡のテンプレートも用意されているとは。。。

転職サイト側からすれば、一応用意はしておいて、利用するかどうかは企業次第というスタンスだと思いますが、転職サイトを利用している側からしてみればあまりに機械的すぎる感じがします。
業界も職種も全く違う企業から一字一句全く同じ内容のNG連絡をもらったら。。。。。
中にはほんの少しだけ文面を変えて送ってくる企業ももちろんあります。
ただ、例えば@typeを利用していれば応募は1社だけじゃなくて何社も応募するでしょうし、私のように大量に応募すればこういったところが結構気になってきたりもします。

まぁ、企業側からすれば他社の応募のことなんて関係ないし、転職者からの応募数が多ければ多いほど細かいことは気にかけていられないだろうし。
もちろん私は人事の経験はないので、人事担当者の苦労も分かりませんので、それが仕方がない話なのか当り前のよくある話なのか分かりませんが。。。


まぁ、あくまで個人的な気持ちではありますが、たとえ年齢やスキルで条件から全く外れていたりしても結果連絡のメールが誠意を感じられるものであれば、精神的に疲労している転職活動の中では次へのやる気に繋がります。
もし転職活動時に、書類選考NGメールのことに気付いていたら、どういう気持ちで転職活動に臨んでいたか。。。今となっては分かりません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

追加応募 [転職活動]

10月28日は14社に応募しました。
10月21日から連続8日目の応募です。
ここまでの応募数が150社に近付きました。。。我ながらすごいです。


そろそろ応募出来る求人が尽きてきていた@typeからは1社です。

・国内最大の出版販売会社
 社内SE

応募した翌日には応募受付メールが@typeより来ました。
まぁ、用意されている自動返信かなとも思いつつも、一応返信しておきました。
社内SEでの応募はどの企業もいつも期待はしているのですが、なかなか結果が出ません。
この企業も約1週間後、これまた@type経由で書類選考NGの連絡が来ました。

イーキャリアからは、スカウトメールへの連絡を含めて3社に応募しました。

製造業大手グループのシステム開発会社
 システムエンジニア
・大手鉄鋼メーカー
 情報システムの企画立案
・台湾本社のオンラインゲーム会社
 ネットワークエンジニア

大手鉄鋼メーカーとオンラインゲーム会社は職種が合っていなかったせいもあって、あっさりNGでした。
こうしてみると、ここまできてまだネットワークエンジニアなんて応募してましたね。
製造業大手グループのシステム開発会社はスカウトメールが来たところ。
この頃はまだスカウトメールはきちんと企業が職務経歴を見て出しているものだと思っていましたね。
メールにもそう書いてあったし。
この企業はすぐに返信をくれて、あっさりと一次面接を受けることになりました。
面接日時は11月10日に決まりました。


久々に応募のgreenからはまとめて4社。

・大手鉄鋼メーカーと大手就職情報会社を母体としたIT企業
 システム開発エンジニア
・世界的な電機メーカーグループのインターネット銀行
 システム企画・開発・運用管理
・イギリスの大手保険会社の間接子会社
 IT部 システム開発リーダー
・システム開発会社(企業情報が残っていませんでした)
 IT開発エンジニア

ここも最初の1社はスカウトメールへの応募です。
こちらもすぐに連絡があり、少し面接日時の調整に手間取りましたが、なんとか一次面接が決まりました。
後から予定が入ったのですが、面接は早めに入れることが出来て、11月5日になりました。


マイナビ転職から初めての応募は3社です。

・戸建、分譲住宅などの不動産事業会社
 社内システムの立ち上げ、運用・保守スタッフ
・損害保険、生命保険事業などを行う大手グループのシステム会社
 オープン系エンジニア
・損保会社グループのシステム会社
 金融系システムエンジニア

やはり損保、生保系はそもそも敷居が高いようで。
非常にあっさりと書類選考NGの連絡が来てしまいました。
1つ目の不動産事業会社は社内システム担当ということで、社内SEに近い業務ということで期待はしていたんですが、2日後にNG連絡がありました。
毎度のことながら期待している企業からのNG連絡は精神的にきましたね。


PROSEEKからは1社。

・独立系システムインテグレータ
 アプリケーションエンジニア

キャリアアドバイザー経由ということで、連絡が遅かったらフォローしてくれるので任せきりでしたが、約1週間後書類選考NGの連絡が来ました。
年齢から想定する開発経験が足りないとのことでした。


もう直接応募出来る求人がほとんどないDODAからも1社。

・空間情報サービスなどを提供する企業
 ITエンジニア

正直業務内容はよく分かっていなかったのですが、なんとなく応募してあっさりダメでした。


そして最後に、企業HPから直接応募した1社です。

・パチスロメーカー
 ソフトウェア開発

また懲りもせず応募してしまった2社目の系統の会社です。
結構この業界って特殊なので、パチスロはやっていないまでも業界経験があるのである程度選考は進むかなと思っていた反面、私が在籍していた会社もそうですが社員が若いので、年齢面がかなりネックになるんじゃないかと思っていました。
約1週間後書類選考NGの連絡が。。。
個人応募なので詳しい理由は分からず、いつものフレーズ「レジュメを拝見し慎重に検討致しましたが、誠に残念 ながら今回は選考を見送らせて頂くことになりました。」


14社応募して2社のみ書類選考通過。
どんどん書類選考通過率が落ちていくのでした。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

面接再び。。。 [転職活動]

10月28日、この日の面接は金融業の総合ソリューションプロバイダーでした。
久しぶりの面接に少し緊張、そして立派なビルに更に緊張。
担当の方を待つ間にもっと緊張していました。

一次面接の内容は、会社説明、面接、適性検査でした。
そういえば適性検査もかなり久しぶりでした。

会社説明から間をおかずにそのまま面接へ。
履歴書、職務経歴書を見ながら面接官の方から質問するといったスタイルでした。
面接官は二人でしたが、質問してきたのは人事の課長さんからのみでした。

この会社はシステム開発の現場では標準的な客先常駐の会社で、親会社のビルに入っていて、ほとんどの社員は親会社のオフィスの方へ行っていたり、外部の客先に行ってたりしているとのことでした。
この頃、社内SEに非常に興味を持っていたので、客先常駐のスタイルになんとなく気持ち的になじめない自分がいました。

面接ではスキル、給与面に触れ、金融業界未経験、主に使用している言語も未経験ということで、スキル的にかなり厳しいということ、スキルを考えると年齢面を考慮しても希望給与の6割程度くらいになってしまうことをその場で伝えられました。

その時点で、「こりゃダメだな。。。」と思ったものの、「適性検査も受けますか?」という問いに対して、「受けさせてください」と答えていました。
スキル的にも給与的にも厳しいと分かっていながら、もう自分から選考を止めるようなことはしないと決めていたので、最後まで選考を受けることにしました。

面接後帰宅し、初戦の感触が悪かった為、更に応募を追加することになりました。


3日後。。。「面接の内容、適性検査の結果を社内で慎重に検討しましたが、社内で〇〇様に見合う処遇が見出せないとの結論に達しました」ということで一次面接NGになりました。
面接時にある程度納得していたので、この時はすんなり次へと切り替えが出来ました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

@type再び。。。 [転職活動]

10月27日、この日は@typeキャリアアドバイザーとの面談でした。
中途半端な時間だった為に他の予定も入れられず、久しぶりに朝ゆっくり起きて面談に行きました。

@typeは最初の面談に続き2回目の訪問です。
こういった大手の転職支援サービス会社のオフィスって小奇麗なんですよね。
そして非常に静か。
まぁ転職者の気持ちをリラックスさせるというか、逆に企業に面接に訪問したような感覚に慣れさせるためなのか。
企業の面接でもないのに少し緊張したりしました。

面談の内容は、改めて私の経歴、希望条件、現在の状況などの確認を行いました。
その後、しばらく待ったのち何社かの企業の求人資料を持ってきてもらい、1社ずつ確認していきました。
この頃の希望業界、希望職種もあいまいというか、非常に広く探していた為、逆に紹介求人も探すのに苦労だったようで、なんとか絞り出してくれたといった感じでした。

もうこの頃になってくると、過去に応募した企業や他の転職支援サービスで紹介してもらった企業などが出てきて、応募条件に合っていてある程度希望を満たしている求人はほとんどありませんでした。

結局応募したのは1社のみ。
しかし久しぶりの人材紹介経由での応募です。

・福利厚生アウトソーシングサービス最大手
 情報システム企画でアプリケーション設計・開発経験(開発環境不問)

企業としても興味深く、システム開発やシステム企画も担当出来るということで、志望度は結構高かったです。
何よりもこの時期で、キャリアアドバイザーが選んでくれた企業、少なくとも一次面接への期待は大きかったです。

この企業、応募したのは10月27日ですが、書類選考の結果が届いたのは11月12日。
この切羽詰まっている時期に2週間待たされた結果、「他者比較、組織の人員構成を考慮し、今回は見送りとさせていただきます。」という連絡が来ました。
この時期の検討企業の中では結構気になっていたので、非常に残念な結果でした。


翌日はいよいよ転職活動リニューアル後初の面接です。
やっと一歩動き出した、という感覚でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

小休止 [転職活動]

転職活動リニューアル(?)から5日で78社の企業に応募しました。
さすがに少し疲れてきて、10月26日は小休止。

この日は日曜日。
といっても無職の私にとっては平日も日曜日も関係なし。
のんびりしようと思いつつもやっぱり転職情報を探してしまいました。
そして、ぼんやり眺めていた「ジョブエンジン」でちょっとだけ興味を引いた1社だけ応募してみました。

・24時間TVショッピング通販サイト運営会社
 システムスタッフ

えーっと、ここはそれほど志望度が高いわけではなかったのですが、こういった仕事も面白そうと思っていました。
一応システム関連の募集だったのですが、やはり畑違いというか、経験不足と捉えられたのか、年齢から24時間運用のシステムに携わるのは。。。と思われたのか。
それほど時間を要することなく、つまりそれほど検討もされずに書類選考NGの連絡が来ました。

週明けの月曜日、10月27日は、7月くらいに担当のキャリアアドバイザーが変わってからずっとメールでのやり取りのみで新しい担当の方とお会いしていなかったことと、このままメールだけだと積極的に求人を紹介してもらえないと思い、面談を行うことになりました。

さて、どんな話が聞けるやら、どんな求人が紹介してもらえるやら。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。